じいちゃんが戦争に行くときに持っていたグッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日、太平戦争の時に、アメリカ兵が日本兵の持ち物を国に持って帰り、バザーで売っているというニュースを聞き、そういえば家にじいちゃんの戦争グッズがあったことを思い出し、探してみました。

すると出てきました。

jiichannomono

じゃーん

寄せ書きみたいになっています。

これを持って戦地に向かったのですね。

中には、家族や親戚、友人の名前があります。

そして、ばあちゃんがじいちゃんに宛てたメッセージがありました。

jiichannomono2

 

「再びは 還りまさじと 思ふ背に 笑みそめし子を 抱かせまゐらす」

(あってる?)

か、悲しい。

とりあえず戦争は悲しいことだと、改めて思わされました。

 

次はこれ

jiichan3

これは、みんながカンパしてくれた金額を記載しているものです。

jiichan4

金額が昔を感じさせます。

こうやって色んな人達がお金をくれるんですね。

戦争中、お金を使うのかな?それとも、ばあちゃんにあげたのかな。

 

ちなみに、じいちゃんは戦争から生きて帰ってきました。

ばあちゃんが言うには、他人のご飯を食べてお腹を壊して帰ってきたとか。

え?お腹壊したくらいで、帰らされるもんなの!?(笑)

他人のご飯食べたってどういうこと!?(笑)

まあ、ネタだと思いますが。。。もう二人とも亡くなっているので真相は闇の中です。

 

あと我が○○家は、あの松岡洋右さんと親交が深かったようで、、まあこの話は次の機会にでも。

 

ではまた。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。