メッケル憩室-体験記 VOL8~カテーテル!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

入院して1ヵ月近く経過しました。

で肝心の出血の原因ですが、
これまで、胃、大腸、あと忘れたけどMRI的な事もしました。結果出血の原因が発見できなかったので、次はカテーテルで造影剤を投入して検査すると言われました。

カテーテル?

カテーテルとは

医療用に用いられる中空の柔らかい管のことである。胸腔や腹腔などの体腔、消化管や尿管などの管腔部または血管などに挿入し、体液の排出、薬液や造影剤などの注入点滴に用いる。

うん、怖い、やりたくない。

ちなみに、この時すでに食事もほぼ固形で、またもう歩けるようになったので自分で売店にお菓子を買ったりもできた為、僕の赤血球の数は正常値に戻ったので元気まんまんでした。
なので正直もう退院したいと思っていました。

そこにきて、股関節あたりにカテーテルを入れるというのです。
それを聞いた同室のポマードのおっちゃんが、

「カテーテルですか、、大変ですね、、、」

は!?そんな大変なんすか…

しかも先生に痛いのか聞いたら、痛いと言われました…

 

その瞬間、僕はある決意をしたのです。

うん。退院する。

 

続く

http://enosama.com/health/meckelsdiverticulum9/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。