メッケル憩室-体験記 VOL9~ホスピタルエスケープ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さて、前回の最後でも書いた通り
まだ原因ははっきりと判明したわけではありませんが、
身体の方は全快したので先生に退院を直訴しました!

 

先生も数値が正常に戻っていることもあり、認めないわけにはいかないといった感じでした。
部下というか若い先生見習いの人もホントに大丈夫かい?と気にかけてくれました。優しい人だったので何故か申し訳ない気持ちになりました。

 

ただ、また症状が出たらすぐ戻ってくること、
これまでの検査の結果、おそらく小腸に原因がありそうだということ、
そして推測ではあるが、ある病名が伝えられました。

 

メッケル憩室

 

やっとこのシリーズのタイトルの登場です(笑)お待たせしました。

 

メッケル憩室とは、小腸にある余計なものです。
小腸の壁にぽこっと外側に飛び出してる箇所のことですね。

 

生まれながらメッケル持ちの人がいるようで、
一生何も症状が出ない人もいれば、僕のように炎症を起こして出血する人もいると。

 

で、症状が出る原因ですが大体、胃とかこのあたりの病気はストレスなんじゃないかと思うところですが、どうも特に原因はないようです。というかまだ解明さえてないのかもですね。
さらに最近の病気らしいです。

 

で、カテーテルを嫌ったこともあり、医者が別の検査方法も提案してくれました。それは、

 

カメラ付きのカプセルを飲むこと

 

当時はまだ出たばかりで保険も適応してなかったですが、この病院にはないが、別の病院にはあると。
これらの事を伝えられ僕は退院することになりました。
長かったです、、小さい頃に入院をしたことがあるようですが、ほとんど記憶にありませんし、1ヵ月入院はもう経験したくないですね(笑)

 

さて、これで僕のメッケル憩室体験記も終わりです。。

といいたいところですが、

メッケル坊やは、なかなかのくせ者でした(@_@)

3年後、まさかの再会をはたすことになるとは、、、、

シーズン2に続く

シーズン2はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。