メッケル憩室-体験記 VOL5~胃カメラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さあ次は何の検査をしたかというと…

胃カメラです

胃カメラ初体験

前回の大腸検査の経験から今回も辛いんだろうなと、気持ちが下がります。

第1の試練

まず、検査をする前にカメラが喉をとおるため、麻酔するとのこと。で、どんな麻酔の方法化というと、

液体ぽいものを喉に数分ためておく

これが、またつらい…
多分、僕は人より「オェ」てなりやすい為、案の定、10秒くらいで辛くなりました、、、

でもこれをしないと、カメラが通る時に違和感を覚えてしまうと思い。必至にやりましたが、、断念((+_+))

そして、ついに初胃カメラの時がきました。

本当の試練

またまた検査室に入り、台の上で横になります。

そして胃カメラとご対面です

太っ!

これを入れんのか!……無理。

そんな僕の気持ちなんてお構いなしに検査は始まります。
口のしたに皿がおかれ、おしゃぶりみたいなのを咥えさせられる。

「うぅ…おゎ…ん…!!!」

先生「いきますね」

「んんんん…!!!」

ズズ、、

 

 

 

 

 

 

それからはまさに、地獄。。

想像できますか?

 

常に喉の奥底まで指を突っ込まれている状態を。

 

おぇ、としても楽になる訳でもなく、永遠とおぇを続ける事を…

 

もう二度と、

 

やりたくないです。

 

無理です。

 

終了

やっと終わりました。もう心身ともにボロボロです。

で、検査した結果。

 

 

異常なし

 

 

マジか…(何もないのは胃的にはいいことなんでしょうけど)

また次の検査があるのか…(そう、イコールまた検査があるということ)

次は何の検査するんか…

と思っていると、グッドニュースが飛び込んできました。

第3章~神は僕を見捨ててなかった~

 

ナース「○○さん、明日からご飯が食べられますよ」

 


「!!!!」

よっしゃーーー!!!!

続く

その6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。