メッケル憩室-体験記 Vol1~気絶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

みなさんは今まで大きな病気をしたことがありますか?

 

これから僕が22歳くらいの時に発症したあまり聞かない病気について発表していきます。

はじまり

下血

 

当時、トイレに行くと毎回下血をしていました。

 

普通に考えたら病院に行くところなのでしょうが、

 

痛みもなく特に気にせずにそのうち止まるだろうと考えていました。

 

 

1ヵ月ほど続いたある日、自転車を押して自宅近くの坂を登っていたのですが、登っている最中に何か身体に異変を感じました。

 

体力がなくてしんどく息切れがしました。気のせいではなく明らかにおかしいと感じました。

 

そして登り切ったところで、これはまずいと思い自宅に戻ろうと自転車にまたがり坂を下ろうとした瞬間…

 

空

 

人生初の気絶

 

「……」

 

気づくと空が見えていました。

 

そうなんです。気絶したのです。

 

道の横の垣根に埋もれていました。

 

「まじか」

 

起き上がり再度自転車にまたがり坂を下るのですが、次第に視界が暗くなってきました。
自転車で自宅まで1,2分の距離ですが、家に着くころには視界の左側が真っ暗になりました。

 

「やばいやばい、、失目!?」

 

家に入り横に倒れ少しすると、視界は元に戻りました。しかし、頭痛がひどくガンガンしていました。

 

ただ僕はそんなことがあったにも関わらず、

 

「頭痛か、、じゃあ風邪薬でも飲もう」

 

と薬を飲み寝たのでした。

 

 

何時間かして起きたのですが、立ち上がると頭痛がし、また胸が苦しいということもあり、友達に連絡して病院に連れてってよとお願いしました。

 

そして友達に車で迎えにきてもらい、病院に向かいました。土曜か日曜であったため緊急外来をやってる病院に行きました。

 

そして医者に症状を伝えると…

 

「続く」メッケル憩室-体験記 Vol2~緊急外来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。