「ラムダイアリー」ネタバレしない映画レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

作品情報

原題:The Rum Diary
監督:ポール・ケンプ
日本公開:2012年6月30日
上映時間:120分
制作国:アメリカ
ジャンル:ドラマ

予告編

キャスト

ジョニー・デップ
アーロン・エッカート
マイケル・リスボリ
アンバー・ハード
リチャード・ジェンキンス

レビュー

主人公のジャーナリスト役はジョニーデップ。
メイクをしたり、人間じゃない役を演じることも多い彼ですが、
個人的には人間役(笑)のジョニーデップの方が好きですね。

実業家の不正を暴くべく南の島のプエルトリコにやってきた訳で、、

一口にジャーナリストといっても、
不正を暴くべく危険な地域に行くジャーナリストっていうのはかっちょいいですな。
個人的にテレビで経済について語ってるジャーナリストはあんま好きじゃなけど。

悪い実業家の横にはエロ姉ちゃんが必ずいます(きれいな女優をみるとみんなエロ姉ちゃんにみえる)
ちぇ!、こうなったら俺もちょっと悪いことしてやるぞ!、、、失礼、取り乱しました。

きったねぇ記者仲間たちとトラブルにまきこまれながらも実業家と共にすごしていきます。
しかし、異国の地でトラブルに巻き込まれるのは考えただけでも恐ろしい…しかも警察に追われなんかした日にゃ。

最後まであきずに楽しめました。

☆☆☆★★ 星3つ!

ちなみにこのエロ姉ちゃん役のアンバー・ハードですが、
彼女が昨日来日したジョニーデップの横にいた婚約者です[2015年1月26日]

Amazon

iTunes(字幕)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。