「ブロークンシティ」ネタバレしない映画レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

作品情報

原題:Broken City
監督:アレン・ヒューズ
日本公開:2013年10月19日
上映時間:109分
制作国:アメリカ
ジャンル:サスペンス

予告編

キャスト

マーク・ウォールバーグ
ラッセル・クロウ
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
ジェフリー・ライト
バリー・ペッパー

レビュー

NY市長選を巡り裏でとんでもない事が行われます。

よく大統領選のニュースなんかで互いの選挙チームが骨肉の争いをしている様子が報じられたりしますが、
同じような事が行われているんでしょうね。特にNYつったら巨大都市だし。
日本でも選挙の時は演説したり色々あるんでしょうが、アメリカの方がよりメディアや世論の動きに敏感なイメージがありますね。
日々状況が変わっていくみたいな。
映画の中でもろ犯罪行為が行われますが、現実でもあるんじゃないかと疑ってしまいます。怖い怖い。

巻き込まれるのはマーク・ウォールバーグ演じる刑事。

知らない方がいいことって、あるよね。。。

これまでも書いてきましたが、僕は正義感で巨大な力に命の危険を顧みず立ち向かうってことは、、、できない(笑)

キャサリン・ゼタ=ジョーンズのエロスわ相変わらずです!

個人的にバリー・ペッパーが昔からかっこいいと思ってるのですが、なかなか日本でジョニデップみたいにキャーキャー言われないもんすね。別に望んでないかもすけど。。。

あと昔好きだったって方、ラッセル・クロウ出てますよ!

☆☆☆★★ 星3つ まあいい感じ、はずれではないと思います。

Amazon instant video(字幕)

iTunes(字幕)

SNSでもご購読できます。