「ロック・オブ・エイジズ」ネタバレしない映画レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

作品情報

原題:Rock of Ages
監督:アダム・シャンクマン
日本公開:2012年9月21日
上映時間:124分
制作国:アメリカ
ジャンル:ミュージカル

予告編

キャスト

トム・クルーズ
ジュリアン・ハフ
ディエゴ・ボネータ
ラッセル・ブランド
ポール・ジアマッティ
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

レビュー

こんにちは、穴あきさかつです。
今日の映画は公開された頃に気になってた「ロック・オブ・エイジズ」です。
トムクルーズがロックスター役を演じてるとあってコメディ色の強い映画かなって思ったら、ミュージカル風の映画でした。
ちょいコメディ要素もあり。
今もブロードウェイ等で上映されているミュージカルの映画化だそうです。

舞台はとあるライブハウスです。
ロックを愛する人達、ロックスターを目指す青年、華やかな世界を求めるロック少女(シンガー)、現役のロックスター、ロックは悪だと反対する市長夫人率いる奥様勢力、経営不振を脱却したい老舗ライブハウス、そして恋。
盛りだくさんです(笑)

序盤から歌いまくりです。1980年代が舞台のようなので、そのころのロックやポップスが出てきます。
あ~いら~ぶロックンロール~♪
世代ではないけど、その辺もお楽しみ要素だと思いますね。

トムクルーズは
いぇ~… おぉ~… おうけぇ~… 
みたいに喋ります。

キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、ぎゃーぎゃーうるさい反ロック勢力のボス役です。
年とっても相変わらずキレイです。

てか今書いてて思ったけど
「Catherine ZetaJones」
途中にが入るって変わってるね、他にもそういう人いるのかな?
日本語表記のときは

登場人物みんな個性的で面白いっすよ。
スターを夢見て、挫折っぽいこともありーの、そして最後はロックンロール!見てて気持ちのいい映画です。

ミュージカル系はあんまりって人でも楽しめると思います。
ひねくれた映画好きにはおすすめできないかな。

☆☆☆☆☆ 星5つ! 

iTunes(字幕)

SNSでもご購読できます。