「エンダーのゲーム」ネタバレしない映画レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

作品情報

原題:Ender’s Game
監督:ギャヴィン・フッド
日本公開:2014年1月18日
上映時間:114分
制作国:アメリカ
ジャンル:SF/ファンタジー

予告編

キャスト

エイサ・バターフィールド
ハリソン・フォード
ベン・キングスレー
ヴィオラ・デーヴィス
ヘイリー・スタインフェルド
アビゲイル・ブレスリン

レビュー

こんばんは、穴あきさかつです。
さて、今日の映画は小さい頃誰もが憧れたSFの世界のお話し。

主人公はまだ3兄弟の末っ子でまだ10歳の少年。
外国人(欧米)は日本人に比べ大人に見えるとはいえ、さすがに10歳じゃまだどう見ても子供です。

地球外生命体と人類の戦いに終止符を打つために、エリート養成施設みたなのがあってそこで訓練を行っているのです。
人類側軍隊のボスを演じるのがハリソンフォード。

今回吹き替えで観ました。
やっぱハリソンフォードの映画観るなら吹き替えでしょ!
小さい頃から聞いているあの声。おなじみの「磯部 勉」さんです。

で、数々の困難を乗り越えて少年は成長していきます。
この映画は小説がすでに有名なようです。

優秀な主人公を妬むやつらに打ち勝ち、仲間と共にチームを組んでいきます。

トレーニングのシーンを観てると、自分もやりたくなってきます!(笑)
昔、1人でドラゴンボールごっこしたりしたのを思い出します。
男ならみんな大好きな修行ってやつですね。

ちょっと思ったのは昔はSFの映画を観てて未来っていうか、現実ではありえないと感じてたけど、タブレット的なやつで操作したり、そのうち現実にありえるようんじゃないかと思いますね!空飛びまわる感じでバトルとかやってみたい。。
(宇宙戦争はさすがに起こらないと思うけど。。さすがに。。やめて。。)

あとこういう組織(現実なら軍隊とかかな)で将軍とか司令官とかに上り詰めていく感じを想像できて、俺もいっちょやってやるぞと感化されたのでした。ちゃんちゃん。

SFでも観よかなって人にはお勧め。
僕はスターウォーズとか観たことないしSFマニアじゃないのでマニアさんが満足するのかは不明や。。

☆☆☆★★ 星3つ! 

iTunes(日本語吹き替え)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。