「君と歩く世界」ネタバレしない映画レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

作品情報

原題:De rouille et d’os
監督:ジャック・オディアール
日本公開:2013年4月6日
上映時間:123分
制作国:フランス/ベルギー
ジャンル:ドラマ

予告

キャスト

マリオン・コティヤール
マティアス・スーナールツ
アルマン・ヴェルデュール
セリーヌ・サレット
コリンヌ・マシエロ

レビュー

こんばんは、穴あきさかつです。
今日の映画はフランス&べルギー制作の映画「君と歩く世界」。感動系の映画です。

 

主演はマリオン・コティヤール。
ようやくTAXIのイメージが僕の中で薄れてきました。
TAXIに出続けるとコメディ系のイメージが強すぎるからともう出ないと言ったとか言わないとか。。
個人的にはまたTAXIに出てほしいです。続編はもうないのかな、、あの男役が逮捕されたしな。。

ま、TAXIの事は置いといて。。。

 

いやぁ良かったね。
ラストも夢があったけど、ただの感動ストーリじゃないというか、ぶっとんでるところがあって良かった。
ちょこっと話すと、動物と戯れる職場で事故が起こって、今までと生活の送り方が変わってしまうわけです。マリオン・コティヤールがね。

 

でその前に出会った男と物語は進んでいくんだけど、その男がやばいというか、まあ裕福ではない生活環境に身を置いている男なんですね。
その男も家庭に問題を抱えていたり。子供がいます。。

フランスが舞台なんで、想像できるかもですね。(ベルギーも出てきたっけ?ちょいと記憶が…)

 

マリオン・コティヤールの力強さが魅力な映画です。この男もくせがあるというか、最初は魅力的で引かれてしまう女の人もいそうなタイプです。でも過ごしているうちに将来を考えると、ちょっと一緒にはいれないかな、、なんて思われちゃうみたいな。
しかしマリオン・コティヤールは強い!強いのです!

 

最近2時間以内の映画ばっか選んでたけど、これはよかったね!
最強の二人って映画があるじゃないすか、あそこまでコメディ色とか分りやすさはないけど、フランス映画の感動系ってなんかいいね。そういえば最強の二人のレビュー書いたっけ。まだだったらまた観て書こ。

暗く切ない感動系がお好みの方はぜひ。

☆☆☆☆☆ 出ました!星5つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。