「アンチヴァイラル」ネタバレしない映画の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

作品情報

原題:Antiviral
監督:ブランドン・クローネンバーグ
制作年:2012年
上映時間:108分
制作国:アメリカ
ジャンル:サスペンス/ミステリー/SF

予告

キャスト

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
サラ・ガドン
マルコム・マクダウェル
ダグラス・スミス
ジョー・ピングー

レビュー

人間の細胞からウイルスを取り出してそれを売買する世の中になっているという話。

その企業に勤める主人公が金欲しさにウイルスを持ち出し個人的に売りさばいています。
まあ気色悪い世の中です。ただ何のためにウイルスを買うのかは、理解できませんでした。

ウイルスを取り出す対象はみんなの憧れの的であるセレブです。
セレブ大好き~は今もそうですね。正直に言います。

でもDNA的なのを欲しいかっていうと…

顔や体系がそっくりになるってんなら整形のいきすぎみたいな感じだけど、ちょっと違ったな。
それを摂取したらどうなるのかっていうのは、???でした。

まぁ、微妙だったな。

☆★★★★ 星1つ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。