「ダラス・バイヤーズクラブ」酒、ドラッグ、女にまみれた男がエイズになり政府に立ち向かう実話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

作品情報

原題:Dallas Buyers Club
監督:ジャン=マルク・ヴァレ
制作年:2013年
上映時間:117分
制作国:アメリカ
ジャンル:ドラマ

予告

キャスト

ロン・ウッドルーフ役:マシュー・マコノヒー
レイヨン役:ジャレッド・レト
イヴ役:ジェニファー・ガーナー
タッカー役:スティーヴ・ザーン
セヴァード役:デニス・オヘア

レビュー

1985年のダラス。

 

ロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)はエイズにかかり余命30日と宣告されます。

 

医者や仲間には「くそくらえだ!」という感じで強気でしたが、現実を受け入れだします。

怖いですよね。

 

必死に治療薬について調べ、病院を頼るも、有効とされる治療薬は被験者にしか与えられないと知る。

 

病院関係者を夜の街で見つけ、裏で回してもらいますが、管理が厳しくなったので

メキシコに薬を手配できる闇医者がいると紹介されてその男の元を訪ねます。

ちなみに、金を渡した後にもうないと言われて、殴りかかるもよろけて倒れ、そのまま意識を失いました。

悲しすぎます。

 

エイズだと知られたことで、仲間からはホモ呼ばわれされ、孤独になっていきます。

僕は今まで、世間から差別される様な環境の人たちがいませんでしたが、自分は差別しないで接することができるか100%の自信はないかもしれません。というか実際に経験しないで軽々しく言えるような事じゃないですよね。

 

その後、メキシコの医者から被験者に配られている薬は何の効果もない事を伝えられます。

そして国から認められていない薬を手にし、それを売る商売を始めるのです。

 

やっている事は法律的にはグレー(ブラック?)の事ですが

現実は製薬会社の利益の為に患者が犠牲になっている事実がある以上、彼を責めることはできないかもしれません。

 

さらに相棒として選んだのは最初に行った病院で知り合ったゲイのレイヨン(ジャレッド・レト)です。

イケメンのジャレッド・レトが、かなりいい感じに仕上がっています。

主人公役のマシュー・マコノヒーもそうですが、役に入り込んでる感じが圧倒されまっせ。

 

徐々にその噂は広まり、エイズ患者は彼の元を訪ねるようになります。

 

そして会費400ドル払えば、色んな薬が飲み放題という素晴らしいシステムを確立させるのです。

 

世界中を飛び回り、アメリカに持ち帰りまくります。

 

最終的には裁判を起こされるのですが、彼の行動は後の薬の認可に関して影響を与えたのではないでしょうか。

 

やるじゃねぇか!!

 

実際の映像みたいのが流れ、エンドロールで実話ということを知りました。

 

実話効果もあるかもしれないけど、、、

 

ええやん!この映画!

 

アカデミー賞でも3部門に輝いたって。

☆☆☆☆☆ 星5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。