「ダーク・タイド」サメがいなきゃ海は楽しいのに。サメダイビングで起こるパニックムービー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

作品情報

原題:Dark Tide
監督:ジョン・ストックウェル
制作年:2012年
上映時間:114分
制作国:アメリカ/南アフリカ
ジャンル:サスペンス/ミステリー

予告

キャスト

ケイト役:ハリー・ベリー
ジェフ役:オリヴィエ・マルティネス
ブレディ役:ラルフ・ブラウン
ルーク役:ルーク・タイラー

レビュー

一年に一回は観なきゃいけないサメ映画。

 

ちっちゃい頃ジョーズを観て以降、プールでもサメがいたらと想像して、バタ足の力が強くなったもんです。

 

海に行っても足のつかないところに行くと、サメが出てきたらどうしようかと考えてしまいます。

 

主人公のケイトはサメと一緒に泳ぐスペシャリストです。

 

え?泳ぐってイルカみたいに!?

 

そうなんです。ムツゴロウさんばりによしよしってサメの頭をなでて一緒に泳ぎます。

 

彼女曰く、ゲージ(これは観たことありますよね)の中で10年過ごして、ようやく一緒に泳げるようになるとのこと。

 

拷問です。

 

で、そんなケイトを撮影して映画を撮ろうとしていた時に事件は起こります。

 

仲間がサメに襲われて死んじゃいます。

 

ほら言わんこっちゃない。

 

この事件がきっかで、ケイトは海に潜るのをやめ、クジラのツアーガイドを始めます。

 

うん、そのくらいにしときな。

 

しかし、経営状態が悪く、悩んでいたところに、当時の仲間、ジェフが現われます。

 

どうやら付き合っていたようですが、僕はまったく気づきませんでした。

 

僕が鈍感なのか、彼女が僕を騙していたのかは分りません。でも彼女なら騙されてもいいです。宜しくお願いします。

 

いい話があるから、また潜らないかとの事。

 

金持ちのおっさんが息子と一緒にサメと泳がせろというのです。

 

報酬は10万ドル。。

 

10万ドル!?

 

金持ちはすげーな。

 

ケイトは素人がすぐ泳げると思うなよ、なめんなと言いますが、お金のこともあるからか、結局引き受けます。

 

前金でもらっときましょう、もし死んでも自己責任でイケると思います。

 

僕の予想では、このおっさんは死にますね。調子に乗ってる金持ちは、だいたい死にます。みんなそれを期待するもんです。

 

おっさんはケイトのいう事を聞かないし、息子と揉めるなど、面倒を起こします。

 

ケイトもケイトで元恋人と、この仕事の事を巡って言い争います。

 

で、一回サメと触れあったのですが、さらに大物を求め、沖に出ていきます。

 

なんだか雲行きが怪しくなってきましたね~、ほんとに天気も曇って雨が降り出しました。

 

で、サメの群れを見つけ潜るも、ここで船にトラブル発生!

 

イカリがうまく効かなくなり、おっさんを入れたゲージもチェーンの具合が悪く上げようとしても上がりません。

 

そしてチェーンが切れておっさんは海の底に沈んでいきます。

 

ケイトがゲージを開けおっさんを救出するも、なんと船が転覆してしまいます。

 

絶対絶命の出来上がりです。

 

まってました。

 

それではサメのショータイムの始まりです。

 

まずは船のエンジニア的な存在のあんちゃんが下半身を食いちぎられます。

 

次に金持ちおっさんが食われます。

 

ジャンピング噛みつきで豪快に食われてしまいます。

 

この映画一番の見どころです。

 

ケイトと元彼、息子は救命ボートに乗って助かりました。

 

僕の予想では元彼も食われるかと思いましたが、はずれました。

 

B級映画だったら、主人公のケイトを残して他はみんな食われておしまいだったはずです。

 

映画のランクに助けられましたね。

 

やっぱ海は怖いわ。

 

☆☆☆★★ 星3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。