「ハード・パニッシャー」ギャングに復讐する英国特殊部隊の兵士。新たな最強戦士の誕生か。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

作品情報

原題:Vendetta
監督:スティーヴン・レイノルズ
制作年:2013年
上映時間:107分
制作国:イギリス
ジャンル:アクション

予告

キャスト

ダニー・ダイア
ジョゼフ・アルティン
ロクサンヌ・マッキー
アリスター・ペトリ
ニック・ネヴァーン

レビュー(そこそこネタバレあり)

両親を殺された英国特殊部隊の男がギャング相手に復讐していきます。

ハード・パニッシャーのここがハード!

1.両親の殺され方が残酷

なぜ両親が殺されたのかというと、お父さんが偶然強盗に出くわし立ち向かった際に強盗のうちの1人を殺してしまいます。

それがギャングのリーダーの弟だった為リーダーブチ切れ。

家に押し入られ母親はレイプされ、縛られ生きたまま火をつけられてしまいます。。。

2.復讐も残忍

息子は幼馴染の警官から犯人たちの情報を仕入れ、1人ずつ殺していきます。

 

1人目は、さっそくリーダー。

ジムから出てきたところを襲い、車の座席に縛り付ける。

そして、ガソリンをまき散らし、車ごとボン!

殺す直前に仲間の名前を聞き出す。

 

2人目は口の中にセメントを流し込む。。

見つかった時はかちんこちんです。

 

3人目は車と鉄柵に足と手を結び付け、引きちぎる!!

強烈です。

 

4~○人

銃で撃ち殺しまくり、最後のボス的なやつは、塩酸みたいなのを頭からかけます。。。

 

最後の1人。

サリンを注射して殺そうとするが、あることが発覚しブチ切れて銃で殺す。

3.主人公が超強い

英国特殊部隊の中でも優秀だったようで、敵ともみ合ったり、銃撃戦になってもなんのその。

楽勝で倒します。

第二のジェイソンスティンサムの誕生か!?

4.特殊部隊のお偉いさんたちが怖い

警察が彼を追っていると知り、引き渡すように圧力をかける。

警察はお前ら誰だと突っかかりますが、無表情で冷静に、引き渡しなさいと。

この国の最高の権力を持っている人達のようです。

5.最後の最後で妻が殺される

もともと離婚間際だった妻と、この事件がきっかけ(浮気してるかもと勘違いが原因だったよう)で仲直りしていたが、バカな警察が彼を逮捕したいが為に餌として病院にいたギャングの1人を野に放してしまう。

そいつは、家に行き妻を殺した模様。

最悪の野郎です。

まとめ

両親が殺されたのは悔しかったですが、ギャングを次々に殺していったのでスカッとしましたが、最後に妻が殺されてしまって非常に後味が悪かったです。。。

☆☆☆★★ 星3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。