「オーバードライヴ」見どころ&レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

息子を助けるためために麻薬の密売に潜入する親父の話。実話です。恐ろしや。
ネタバレあり

作品情報

原題:Snitch
監督:リック・ローマン・ウォー
制作年:2013年
上映時間:112分
制作国:アメリカ
ジャンル:アクション

予告

キャスト

ドウェイン・ジョンソン
バリー・ペッパー
ジョン・バーンサル
マイケル・K・ウィリアムズ
メリーナ・カナカレデス
ナディーン・ヴェラスケス
スーザン・サランドン

レビュー:オーバードライヴの見どころ

1.息子が麻薬密売に巻き込まれる

めちゃかわいそうです。

トラック運送会社を経営しているジョン。

息子が突然、麻薬密売容疑で逮捕されてしまいます。

逮捕されたキッカケは、先に逮捕されていた友人が警察と司法取引を結び、誰かを紹介すれば減刑される事から、息子を罠にかけた為です。

そう、息子は強引に麻薬を自宅に届けられたのです。警察もグルです。

最低な制度です。

 

2.息子を助ける為、ジョンは立ち上がる

警察は息子に対して誰かを紹介すれば減刑すると脅します。

しかし、息子は本当に売人など知りません。

ジョンや母親、そして弁護士は自分と同じように友達を罠にはめるように説得しようとしますが、息子は断固拒否です。そりゃそうだ。

しょうがないのでジョンは、自分が売人を探す代わりに息子を減刑するよう警察に持ちかけます。

ちなみにジョンは離婚して、この息子は母親が引き取っています。

最初は断られるも、自ら麻薬が買えそうなところに出向くなどしたことから(返り討ちにあいました)警察は折れました。

 

3.密売人だった社員に知り合いを紹介してもらう

運送会社に働いている従業員の中から、過去に麻薬密売に逮捕歴のある、ダニエルに売人の、マリクマリークを紹介してもらいます。

当初、警察はマリクマリークを逮捕することが出来れば、息子を減刑すると約束しましたが、いざ逮捕できる状況になった時、マリクマリークが次は大物に会わせると言ったため、警察は逮捕しませんでした。

大物を逮捕できるチャンスだと思ったです。

 

4.大物をやっつける

紹介された大物とは麻薬カルテルのボスでした。

警察は超興奮してます。

彼を逮捕できれば、息子は即解放です。

 

当初の計画では、ジョンは麻薬カルテルの莫大な資金を積んで、メキシコに入国する予定でした。

しかし、メキシコに入ったら最後、戻ってこれないと悟ったジョンは、警察との連携を無視し、独断で部下と協力し、見事ボスを捕まえることに成功しました。

 

そして息子は無事釈放されました。

 

まとめ

さすが、ドウェイン・ジョンソンです。

彼は無敵です(笑)

ちなみに息子は刑務所にいる間、他の囚人にぼこられて、死にそうになっていました。

騙されたのにこんな目に遭うなんて。

 

しかもこれ実話ってんすから、アメリカは腐ってますね。

麻薬組織を撲滅するために必要な制度らしいですが。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。