「ホビット 決戦のゆくえ」映画レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

作品情報

原題:The Hobbit: The Battle of the Five Armies
監督:ピーター・ジャクソン
日本公開年:2014年12月13日
上映時間:145分
制作国:アメリカ
ジャンル:ファンタジー

予告編

レビュー

ホビットシリーズの完結編。
ロードオブザリングが好きだったなら当然楽しめる映画です。
毎度のことですが、冒頭1,2分はえーと前回の終わりどんなだったけと思い出すところから始まります。

このシリーズで僕が一番興奮するのはやっぱりオーク達が出るシーンですね、子供の頃に怖いモンスターを観た時に感じた恐怖を思い出させてくれます。
思えば高3の時に友達3人とロードオブザリングの1部を観たんですが、なんか懐かしいなというか、めっちゃ時たってるし(‘_’)。

で感想としては、ちと物足りないラストな気がしましたね。まあサウロンは途中でどっかに消えて、オークの気持ち悪いボスを倒したんですけど、あいつよりもっと裏で操ってる真のボスがいそうな気もしてたので。。映画館で観たのですが、実は途中2回トイレに行くという失態をしてしまったので(‘_’)重要なシーンを見逃したりしちゃったかな。も一回見直さないと。

気持ち悪いオーク↓
IMG_3032

評価は、
★★★★☆ 星4つ、正直内容がどんなでも楽しめる状態なので(ファンだから)適当や!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。