フィルス[R15+指定版] ネタバレしない映画レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

作品情報

原題:Filth
監督:ジョン・S・ベアード
日本公開年:2013年11月16日
上映時間:97分
制作国:イギリス
ジャンル:ダークコメディ

予告編

キャスト

主人公のジェームズ・マカヴォイ
IMG_3050

妻のショーナ・マクドナルド
IMG_3049

レビュー

同僚にいじわるをし昇進を狙う主人公。
酒大好き、ドラッグ大好き、同僚の妻にも手を出すおっちゃんです。

妻がいるみたいですが、一向に目の前に現れない!?
なぜ彼はこんな人間になってしまったのか!?そして彼の奥に潜む闇とは!?

イギリス映画っぽくまた「トレインスポッティング」の作家と同じ作品とのことで、全体的にかっこいい雰囲気に仕上がってますね。
音楽も昔の曲が並んで世代の人は懐かしいのではないでしょうか。ラストシーンではcreepが流れています。

頭がいかれていることもあり、幻覚をみたり謎のじいさんが出てきたり(頭の中で)する感じなんで意味不明のシーンが次々と出てくるのが好きではない人はだめなのかもですね。
若干途中数分たいくつしました(笑)でもテンポも悪くなくよさげですぜ。

僕はこういうちょっとかっこよさげに演出してる映画は嫌いではないので受け入れれました。

★★★☆☆ 星3つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。