R・マドリード VS R・ソシエダ リーガ第21節 解説/結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

会場:サンティアゴベルナベウ

現在の順位

レアル1位(1試合未消化) R・ソシエダ  12位

現在のチーム状況

クリスティアーノロナウドは前節のキックで2試合の出場停止。
スタンドで観戦。

スタメン

GK
カシージャス

DF
マルセロ
ヴァラン
セルヒオ・ラモス
カルバハル

MF
クロース
ハメス・ロドリゲス
イジャラメンディ
イスコ

FW
ベイル
ベンゼマ

結果

レアルマドリード 4-1 R・ソシエダ

前半1分:エルストンド(ソシエダ)
前半3分:ハメスロドリゲス
前半37分:セルヒオラモス
後半6分:ベンゼマ
後半31分:ベンゼマ

総括

試合開始1分であっさりとソシエダが先制しました。ちょっと目を離したらアレッて感じでしたね。
フォーメーションが4-4-2だったりイジャラメンディが久々のスタメンだったりと違いがあるものの、普段から試合途中で4-4-2に変更することもありますし、おそらく集中してなかったんでしょうね、コラ!

まぁホームだしすぐ点入るだろうと思ってたら、1分後、マルセロのクロスにハメスが頭でクイッとして同点です。
お互いフワフワしてたのかな(笑)

でそこからは、ずっとレアルのターン。ソシエダは全く自分達のペースにもってけません。
最初の5分くらいは、リズムが余りつかめていなかったレアルですが、徐々にパスもつながりだし、まるで攻撃の練習をしているようでした。
ここ最近の試合で一番の出来でしたね、今年一番かな?ゴールにはなりませんでしたが、久々に切れ味するどいカウンターもみれたし。

ベイルは運がなかったのか、チャンスを決めれなかったですね~、なんだか最近のベイルはミスをすると自己中心的なプレーをしているように見えてしまうのが気になるところです。ベイル好きの僕としては、マルカ(レアルよりのメディア)にはベイル追放賛成よりの報道は控えてもらいたいところです。

ベンゼマが久々に爆発したのが嬉しかったですね~、ゴールがなくても評価されている彼ですが、やっぱFWですからね、ゴールを決めるとより献身的な動きにも磨きがかかることでしょう。

久々に圧倒的な強さのレアルが見れて安心した試合でした。ロナウドがいないですが彼のいない試合でいいプレーができたのは、チームにとっても彼にとってもプラスに働くと思いますね。
チームとしてはいいプレーができたことで、みないい気分。
ロナウドは俺が戻ったらもっといいプレーしてやるぞと意気込み。チームは改めて彼に献身的なプレーをすることができる気がします。特にベンゼマは(笑)

このまま突っ走ってもらいましょう!

アラ!マドリー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。