リーガ第32節 レアル対マラガ ハメスのゴラッソで勝利も、カシージャスの不用意なパスからモドリッチが負傷。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今節は出場停止やけが人が出たことによりガラッとスタメンが変わっています。

会場

サンティアゴ・ベルナベウ

現在のチーム状況

ベンゼマがケガ。コエントラン、ケディラ、ヴァランは監督判断でベンチ外。
コエントランはCLでマルセロが出場停止な事もあり完全に温存か。

スタメン

ベンゼマ

GK
カシージャス

DF
マルセロ
セルヒオ・ラモス
ペペ
アルベロア

MF
クロース
モドリッチ
イスコ
ハメス・ロドリゲス

FW
クリスティアーノ・ロナウド
ベイル

結果

レアルマドリード 3-1 マラガ

総括

リーガでは変わらず、勝ち続けるしかないレアル。

リーガでは勝ち点が並んだ場合、当該チーム間での対戦成績が優先されるため、バルサと並んでも優勝できます。

 

今節はスタートから4-4-2のフォーメーションです。

アンチェロッティは今シーズン、攻撃時は4-3-3で相手にボールが渡った瞬間にベイルを下げ4-4-2に切り替える戦術をとっています

 

ベンゼマがケガでいないことと、メンバーが揃った為に中盤で誰を外すか問題があることから、このフォーメーションを組んだのでしょうか。

 

チチャリート、もしくはヘセを観たいという声もあると思います。

 

しかし、すぐにチチャリートに出番がやってきます。

ベイルが恐らく筋肉系をやってしまい、交代です。

 

その後、チチャリートは力をみせつけます。ほんとオーウェンとかぶる。

 

試合はロナウドのFKからラモスのゴール。ロナウドがPKを外すも、ハメスの連続ワンツーからのゴラッソで2点を先制。直後に1点返されるもチチャリートの粘りからロナウドが試合を決定付けました。

 

この試合はレアルの守備がちょっとざるでしたね。あと1,2点取られてもおかしくなかったです。

まあレアルはビッグマッチの時はしっかりとした守備をみせるので心配はしないですけど。。

 

それはいいとして、開始早々のベイルに続き、モドリッチがまたも負傷交代。しかもその後の報道によるとじん帯の損傷で今季絶望とか!?

せっかく復帰してチームも調子があがったのに最悪だわ。

しかも何が許せないって、接触のきっかけとなったのが、カシージャスの不用意なパスからです。

まわりに相手選手がいるにも関わらず、またリードしてて焦る必要ないのに無理してこれですよ。

確かにこのチームはきわどいパスでもテクニックでかわし、その後の攻撃につながりやすい展開になることもあるけどさ。

ちょっと判断をあやまりましね。

 

起こったことはしょうがない。

 

もしかしたらCLの決勝には間に合うかもしれないらしいので、

カシージャスには全てのシュートを止めてもらいましょう。

 

たのむぜ兄貴!

 

アラ!マドリー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。