2016-17リーガ第8節レアルマドリードVSベティス イスコ復活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2016-17シーズンのリーガ・エスパニョーラ第8節です。

代表ウィークがあったため久々の開催でした。

会場

エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアン

スタメン

GK
ケイラー・ナバス

DF
マルセロ
ペペ
ヴァラン
カルバハル

クロース
コヴァチッチ
イスコ

FW
クリスティアーノ・ロナウド
ベイル
ベンゼマ

結果

レアルマドリード 6-1 ベティス

総括

久々の快勝。

しかも、たまっていた選手が決めて非常に気持ちのいい勝利でしたね。

 

息を吹き返したイスコ

試合開始早々、ヴァランのゴールもあり、完全にレアルペースで進んでいましたが、中でもイスコが今シーズンで一番生き生きとプレーしていました。

さらに2ゴール。

1点目は綺麗なカウンターから最後はペペの折り返しをあわせ、2点目はイスコらしいセンスのあるゴラッソ。

2点目は才能を見せつけました。やっぱイスコはこうじゃなくちゃね!にしてもやっぱ毎試合出れないのは勿体ないですね。。モドリッチが怪我しているのもあって、ハメスかイスコかって感じですが。。

まあモドリッチが復活してもローテーションで使われるでしょう。

ロナウドへの素晴らしいクロスがありましたが、奴が外したので。。

 

久々のカウンター

イスコの1点目は綺麗なカウンターでした。

ただし、これくらいはどのチームでも出来るカウンターです。

ここ数シーズンで見せてきたレアルのカウンターはこんなもんじゃないです。

もっと早く、もっと少ないタッチor人数で一瞬で決めるカウンターです。

それにはロナウドの復活が必要かも。

 

何かがおかしい、ロナウド

おかしい、ドンピシャのなに枠にゴールがいかない。。

キレキレのドリブルで相手を交わし、ズドンと打ち込むプレイは昨シーズンあたりから減ってはきていた。プレーエリアが変わったといわれたが、それでも得点王を獲った。

年齢によるものなのか、思ったように身体が動かないのか。

前節あたりから感じていたが、今節の解説をされていた城さんも同じようなことを話していた。

ただ、ボールに追いついてはいるし、ポジション取りが悪いわけではないので、すぐ復活してくれると信じている。微妙な角度とかがイメージ通りにいってないのかな。。

最後にドリブルからズドンと決めたが、笑顔はなし。笑いなさい。お決まりのポーズをする前にジャンプした時、どうだと言わんばかりの顔だったが、いやいやまだ今シーズンたった2ゴールだぞ。

ちなみに今節を終えての得点ランキングは

1位 スアレス 6ゴール
1位 グリーズマン 6ゴール
3位 メッシ 5ゴール
3位 アドゥリス 5ゴール

圏外 ロナウド 2ゴール

CLでは決めているが、こりゃお得意の固め取りをしないと、厳しんじゃないか。

ついにバロンドール候補に上がらない可能性大だ。

がんばれロナウド!

 

アラ・マドリー!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。