2016-17リーガ第15節レアルマドリードVSデポルティボ・ラ・コルーニャ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2016-17シーズンのリーガ・エスパニョーラ第15節です。

今シーズンラストマッチです。

無敗のクラブ記録を更新しつつ、しっかり勝ち点3を取って、どうぞバカンス気分で日本に来日しておくれ。ってクラブワールドカップも記録に関係するか。

 

会場

サンティアゴ・ベルナベウ

スタメン

GK
ケイラー・ナバス

DF
ラモス
ナチョ
ペペ
ダニーロ

クロース
イスコ
カゼミーロ

FW
ハメス
モラタ
アセンシオ

結果

レアルマドリード 3-2 デポルティボ・ラ・コルーニャ

総括

いや、久々に興奮しましたね。

クラシコの同点ゴールも嬉しかったですが、試合の雰囲気からして、負けたらかなり悔しかったですからね。

まず、試合開始から注目していたのは、ハメス。

ただただ活躍してほしいのです。

が、結局ハメスにはゴールなく、いくつかあったチャンスで決めきれなかったのが痛い。。。

 

先制点を決めたモラタのゴールには個の力を感じたのだ。

 

 

カゼミーロの痛恨のミスからの逆転には参りましたが、

交代ではいったマリアノ、そしても全盛期の川口ばりに、やってくれると信じれる男、ラモスの逆転ゴールが決まった時には、チャンピオンズリーグの決勝かと言わんばかりに興奮だす。

 

デポルの選手とはバチバチでしたからね、終盤のコーナーがもし決められてたら、デポルを嫌いになるとこでした。特に名前はわからないけど、乱闘した時のメインのやつとか。

 

心境としては、記録が途絶えることよりも、せっかくバルサとの勝ち点が6あるのに、あー3になってしまうのか

同点ゴールが決まった後も、あー4か、まあ3よりはいいかと思っていました。

 

とってもスッキリ。

 

アラ・マドリー!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。