【バロンドールの行方】CLハットもまだメッシが有利か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

7番から9番に役割を変えたと言われているロナウド。

点を取ってくれればどちらでも構わないが、にしても今季のリーガの得点数は残念でならない。

メッシが31試合出場33得点と、試合数以上の得点を決めているから尚更だ。

昨シーズンはメッシも普通(彼ら2人の場合は)の得点数であったが、今シーズンは好調だ。

さらにクラシコでのゴールなど、非常にイメージがいい。

 

私が何を気にしているのかというと、リーガ得点王のことではなくバロンドールのことだ。

チャンピオンズリーグで連続ハットを決めたロナウド。

リーガとCLを獲ることが出来たとしても、個人記録としてはメッシより物足りなく感じる。

 

ただ、CL残り2試合(決勝前提)でインパクトのあるゴールを決めることができれば、可能性はあがる。

もちろんリーガの残りで量産すれば尚良し。

 

よって現時点でのロナウドのバロンドール獲得するための様々な要素にポイントを決めたとすると以下になる。

・リーガ優勝+20pt

・リーガ逃す-50pt

・CL優勝+40pt

・CL逃す-45pt

・リーガで30ゴール+35pt

・リーガで25ゴール以下-15pt

・メッシ40ゴール-50pt

・メッシ得点王-20pt

 

こんな感じかいな。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。