【CL連覇に向けて】ユベントス、イタリア、厄介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アトレティコとのセカンドレグを終え、今年も決勝の舞台に立つこととなりました。

スカパーに入ってないのですが、youtubeのハイライトは観ました。

 

史上初の2連覇の前に立ちはだかるのはユベントス。

ミランやインテルが不甲斐なさすぎで(インテルはこんなもんか)、セリエA6連覇なんていう、スコットランドのリーグか!っと突っ込みたくなるような記録を残そうとしています。

前回のバルサとの決勝は、試合前から圧倒的バルサ有利の予想で、実際の試合も圧倒的バルサだったように記憶しています。ちがったかな。。

 

ビッグ7時代からセリエを観ていますが、ユベントスといったら、「ザ・イタリア」の印象があります。

あっけなく負けることもあれば、完璧な試合運び一切スキを見せず相手にチャンスを与えない。(あっけなく負けるのは代表か)

嫌な奴らです。

 

今をときめくスター選手がおらず、リーグのレベルが劣るイメージのせいで、本当に強いのか疑ってしまいますが、バルサ倒したし強いんだろうね。

にしても未だ健在のブッフォンには頭がさがります。

キーパーは寿命が長いとはいえ、第一線にずっといるなんて。

もしユベントスが勝てば、バロンドールは彼になんてニュースも出てましたね。

 

でも大丈夫、レアルは世界一のクラブです。

昔、ジダンがインタビューで言ってました。

ユーベ時代、CLの決勝でレアルに負けた時、こう思ったそうです。

「絶対にいつか、あのユニフォームを着てやる」と。

そうなんです、レアルマドリードは全てのクラブの頂点に君臨するクラブなのです。

 

史上初の連覇を達成するのは、バルサでも、ユーベでも、ミランでも、マンUでも、バイエルンでも、アヤックスでもない。

レアルマドリードなのだ。

 

アラマドリー!

 

スペインで初の3冠を達成したのがバルサという記録、抹消できないもんか。。。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。