R・マドリード VS アルメリア リーガ第15節 解説/結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

会場:エスタディオ・デ・ロス・フエゴス・メディテラネオス(アルメリアのホームスタジアム)
アルメリアが勝利したのはリーガ昇格の2007-8シーズン(2-0でアルメリアの勝利)

過去の対戦成績

アルメリアからみて
リーガ通算(14試合)
1勝 3分 10敗
アルメリアHOME
1勝 3分け 3敗

現在の順位

レアル1位 アルメリア15位

現在のチーム状況

モドリッチは早くても復帰は3月になる見込み
ハメスロドリゲスはTOYOTAカップの決勝には間に合う見込み

結果

アルメリア 1-4 レアルマドリード

イスコ(34′)0-1
ベルザ(39′)1-1
ベイル(42′)1-2
クリスティアーノ・ロナウド(81′)
クリスティアーノ・ロナウド(88′)

まとめ

終わってみれば4-1でレアルの圧勝。
3点目が決まってからはアルメリアも糸が切れ完全にレアルのショーと化した。

しかし、それまでは観てる側としては非常に面白い試合となりました、ノーガードの打ち合いになりました。
レアルファンとしては、アルメリア相手にそんな展開は勘弁してくれという感じですがw

試合の方はアルメリアは戦前の予想とは違いラインを高くたもち、中盤のプレスを積極的に行っていました。だからといってレアルが何もできないなんて事はもちろんないですが、全体的に連戦の疲れがたまっているようでした。中盤の選手の距離感や、相手のプレスをかわす動きがいつもよりキレていなかったです。

今回のゴールは全て気持ちいいゴールでしたねw
先制のイスコは内側に切れ込みぎみで巻くシュートでしたが、かなりレベル高かったですね。スピードもありました。
アルメリアの同点ゴールもお見事。彼のベストゴールの1つになるのではないでしょうか。

レアルは同点にされた直後に逆転するという理想の形。
それにしても、クロースのパス精度というかクロスの質、精度がハンパないです。アシスト時ではシャビアロンソを超えてますね!
まじでリーガナンバーワンだと思います!

アルメリアはPKのチャンスをものにできなかったのは残念ですね、まあ決めていたとしても負けていたでしょうが。。
止めろよカシージャスと叫んだ僕の願いが届いたようですw
さすがです!

試合内容が白熱してたからか4点目もいつもの4点目より興奮しましたw
今日もロナウドは2点決めました(^_^.)

しかし、改めて今日の試合を見てレアルの選手達の身体能力といっていいのかわかりませんが、高いなと。
スタミナ、スピード、レベル高いですね。もちろん自分たちの方が強いのでアルメリアのような消耗の仕方と違いますが、それにしても最後まで素晴らしいプレーを見せてくれます。まあいつもに比べて疲れが溜まってたのは先程も述べましたが(^_-)

これで年内はレアルはトヨタカップだけです。
しっかりと体力を回復してほしいですね。

これで公式戦20連勝!

アラ!マドリー!

(次回はTOYOTAカップを解説したいと思います。)

SNSでもご購読できます。